ホーム |  ログイン
 
StrongConnection.cc

Anaboic Steroids online pharmacy

MK-677 (Nutrobal) 10mg x 100Tabs

18,975

MK-677 (Nutrobal) 10mg x 100Tabs

Mk-677(Nutrobal)

• 1プロフィール

o 1.1どのように動作するのですか?
o 1.2研究および医療用途
o 1.3アスレチック使用

o • 2スタッキング
• 3副作用
• 4半減期、使用および投与量

プロフィール

Mk-677(Nutrobal) は、内在性ホルモンであるグレリンの刺激作用を模倣する強力な成長ホルモン(GH)分泌促進薬です。

分泌促進物質は、成長ホルモンを分泌するために下垂体を化学的に求める合図をする物質の語です。言い換えると、Mk-677(Nutrobal)はGHRP-6またはIpamorelinのようなペプチドと比較されることができます。しかし摂取方法に注射は必要としませんし、それはGHRP-6のような、どんな副作用もありません。このGHS(成長ホルモン分泌促進物質)は、浪費している筋肉、肥満と骨粗鬆症のような状況と戦うために、狙いで開発されました。それは初老の股関節部骨折患者の治療にも目標が定められたので、安全に関してされる無数の研究があります。

MK-677(Nutrobal)を経口投与された複数の被験者の体内のIGF—1レベルを調べた所HGH6〜8IUの注射摂取時と同等のレベルにまで上昇していた研究結果がある。

IGF-1の低レベル 、ならびに小児および高齢者の成長ホルモン欠乏症の治療のために過去10年間に研究されてきた。 興味深いことに、Mk-677(Nutrobal)は成長ホルモン製剤よりも安全で安価であるという利点があります。

今日、アスリートは、この強力な化合物を、持久力、脂肪の喪失、および筋肉量の改善のための増強剤として利用し始めています。

使い方

Mk-677(Nutrobal)は、成長ホルモンやIGF-1など、 体内のいくつかのホルモンの放出を増やして作用し、コルチゾール濃度に影響を与えずにこれを行います。 その後、IGF-1と成長ホルモンの増加には、この記事で論じる多くの利点があります。 さらに、体脂肪の代謝を変えることによって肥満と戦う薬効も発揮します。

研究と医療用途

研究では、Mk-677(Nutrobal)が筋肉量と骨密度の両方を増加させることを示しています。 さらに、それはまた、除脂肪体重を抑制し、除脂肪体重を獲得した者は、膀胱脂肪組織の成長を経験しなかったことを示す研究を伴う。 さらに、カロリー不足に陥った被験者は、とにかく痩せたが、筋肉を増量することができました。

Mk-677(Nutrobal)は、HGH、IGF-1軸の活性化を維持し、除脂肪体重は増加するが、総脂肪量または内臓脂肪は変化しないことを示しました。 現在、 成長ホルモン欠乏症を有する小児や高齢者など、これらのホルモンのレベルを上昇させる可能性のある治療法として開発中であり、ヒトの研究では筋肉量と骨量の両方を増加させることが示されていて、高齢者の虚弱を治療するための有望な治療法となっています。

アスレチック用途

Mk-677(Nutrobal)は、食餌誘発性の窒素浪費状態においてさえも、IGF-1および成長ホルモンの上昇を引き起こす。 これは、キッチンやジムで真剣な努力をしなくても、筋肉量を得て、体脂肪を失うことを意味します。 したがって、アスリートはMk-677(Nutrobal)からいくつかの方法で利益を得ることができます

1.脂肪の損失
2.筋肉増強
3.傷害の治癒と骨の強化

また、持久力、気分、睡眠、一般的な健康なども援助します。 したがって、Mk-677(Nutrobal)は、HGHの高い経済的費用および副作用なしに、成長ホルモンおよびIGF-1のすべての利益をユーザーに与える事に繋がります。

スタッキング

アスリートのニーズに応じて、Mk-677(Nutrobal)はいくつかの方法でスタックされる事ができます。

1.持久力:多くの耐久性のあるアスリートは、ヒト成長ホルモンのために何年も悩まされています。自然に、この目的のためにニュートロローバルが美しく働くことを推論することができます。 GW501516(Cardarine)を20mg/日をスタックする事で、次の自転車/ロードレースであなたの競技の記録を伸ばすでしょう。 またよりハードなトレーニングの持続力にも繋がるでしょう。

2.カッティングサイクル:Mk-677(Nutrobal)は、脂肪の増加を防ぎ、肥満と戦うことで体脂肪を増やすことはほとんど不可能な状態を作り上げます。 しかし、最高の脂肪燃焼トリプルスタックを得るためにS4(Andarine)とGW501516(Cardarine)とスタックしてみて下さい。

Mk-677(Nutrobal) + GW-501516(Cardarine) + S4(Andarine)サイクルの例となります。ED の意味は毎日(Every Day)の略語となります。

週 Mk-677(Nutrobal) GW-501516(Cardarine) S4(Anrdarine) 1 25mgs/ED 20mgs/ED 25mgs/ED 2 25mgs/ED 20mgs/ED 35mgs/ED 3 25mgs/ED 20mgs/ED 35mgs/ED 4 25mgs/ED 20mgs/ED 45mgs/ED 5 25mgs/ED 20mgs/ED 45mgs/ED 6 25mgs/ED 20mgs/ED 50mgs/ED 7 25mgs/ED 20mgs/ED 50mgs/ED 8 25mgs/ED 20mgs/ED 60mgs/ED 9 25mgs/ED 20mgs/ED 60mgs/ED 10 25mgs/ED 20mgs/ED 70mgs/ED

3.バルクアップ:あなたの体脂肪測定をする事を恐れずに体重を得ることができるということは、皆が望んでいることですが、巨大になる為の遺伝性がなければ達成することは非常に困難です。 Mk-677(Nutrobal)25mg/EDと、LGD-403(Ligandrol)10-20mg/EDとアナボリックステロイドとスタックする事で、とんでもないサイズを手に入れられることになるでしょう。

4.全体的な健康:Mk-677(Nutrobal)は、気分の改善、睡眠、コレステロールレベル、傷害の治癒、および免疫系の増強をもたらすことができます。MK2861(Ostarine)25mg/EDとスタックすると、 けがのために体を動かしたい人や、 サイクルの途中でアナボリックステロイドの使用や後退を起こさずに全体の健康状態を改善しようとしている人に最適なスタックを得ることができます。

副作用

Mk-677(Nutrobal)は成長ホルモンよりも副作用がかなり少なく、アナボリックステロイドよりもうんと、副作用が少ない SARMsに似ています。

それにもかかわらず、これには一定の副作用があり、ユーザーが気づく最初の明白なものは食欲の増加であり、これは赤身や炭水化物などの食糧に特定の渇望が現れます。 興味深いことに、このタイプのものは成長ホルモンと共通しており、食欲に問題を抱えている人には有益に働きます。

成長ホルモンと同様に、もう一つのまれな副作用は水分貯留である。 しかし、それは食事療法の調整(摂取塩分量の制限等)によって容易に解決することができ、もしくは水分貯留の経験を有する者は、この目的のために利尿剤を追加的に使用することができます。 しかし、ほとんどのユーザーはこの問題を抱えません。

GHとIGF-1を増やしている間でも、Mk-677(Nutrobal)は実際にプロラクチンとコルチゾールを抑制していることがわかりました。これは、ユーザーにとって大きな問題ではなく、大きな利点です。 さらに、ヒトの研究では、Mk-677(Nutrobal)を使用するとプロラクチンの増加は全くないことが確認されました。

半減期、使用および投与量

他のSARMと同様に、Mk-677(Nutrobal)の半減期は24時間ですので、1日1回での投与が必要です。

私はあなたが朝食を食べる前に、空腹で目を覚ますと同時にMk-677(Nutrobal)を摂取することをお勧めします。 1日25ミリグラム(mg)が投与量です。 一部のユーザーは5mgから摂取を開始します、または50mgまでが最大摂取量となります。


カートに入れる:

  • メーカー: EVOLIX

 | ホーム |