ホーム |  ログイン
 
StrongConnection.cc

Anaboic Steroids online pharmacy

VITAMIN C 500mg. injection 10amps

1,380

VitaminC 500mg x 10アンプル

ビタミンCと人体

高濃度ビタミンCビタミンCは人体に欠かすことができない成分です。 ウィルスや細菌に対する抵抗力の向上、風邪や感染症を予防、ストレスを緩和、血中コレステロールを低下、発ガン物質の生成を抑制、鉄の吸収を助けるなど、様々な働きをします。ビタミンCの強い抗酸化作用により発生する過酸化水素が、癌細胞には有害であることも報告されました。

また、ビタミンCはコラーゲンの生成にも不可欠な水溶性ビタミンです。 コラーゲンは肌の張りを保ち、しみや小ジワを防ぎます。 ビタミンCは、美容・健康に欠かせない成分なのです。

しかし、ビタミンCは人体で生成することが不可能な成分でもあります。 通常は食物・サプリメントで補給しますが、現代人はストレス、飲酒、喫煙、病気などによって補給量よりも多いビタミンCを消費しがちです。 現代人は慢性的なビタミンC不足に陥っていると言っても過言ではありません。

ビタミンC注射・ビタミンC点滴療法とは

ビタミンCは大量に摂取しても、余剰分は尿として排出されるから無意味だといわれてきました。しかし、ビタミンCの一部が体内に残って血液や組織のビタミンC濃度を高めることが分かっています。

内服では消化管からの吸収に限界があり、十分に血中濃度を挙げることは困難ですが、注射や点滴で直接体内に吸収されることにより、高い濃度で作用させることができます。 また、高濃度ビタミンC点滴療法は、25g以上という、サプリメントや食品をはるかに超える高濃度のビタミンCを点滴によって直接的・効率的に取り入れる新しい治療法です。通常量の注射や点滴と比べ、美肌や免疫力増強、しみの改善などにさらに高い効果が期待できます。 さらに、超高濃度のビタミンCを点滴投与し、抗がん剤と同様の抗がん作用を発揮し、副作用のないことで注目を集めている、超高濃度ビタミンC点滴療法も行なっております。米国国立衛生研究所(NIH)や国立癌研究所(NCI)が注目し、大学で卵巣癌、子宮ガン、悪性リンパ腫の患者について臨床研究が進行しています。

ビタミンC注射・ビタミンC点滴療法の効果

1:しみの改善と予防、美白効果

メラニンを作る酵素であるチロシナーゼを阻害し、メラニン色素の生成を抑制することにより、しみの改善や予防、美白効果があります。

2:コラーゲンの生成促進

ビタミンCの主な作用として特定の酵素を助ける「補酵素」としての作用があります。特に、コラーゲンを合成するための酵素の働きを助けます。コラーゲンは三つ網状の繊維で、腱、骨、皮膚、血管壁やさまざまな内臓器官の支持組織を構成する「結合組織」の主要成分です。ほとんどの動物は、ブドウ糖からビタミンCをつくることができますが、ヒトはこの能力を失ってしまい、ビタミンCを体内で作ることができません。ビタミンCが不足するとコラーゲンの同化が進行せず、歯のぐらつき・血管の脆弱化・皮膚からの出血・怪我の回復や免疫機能の低下・軽度の貧血など、壊血病の諸症状を呈するようになります。壊血病とは、血管がもろくなって、歯茎や内臓から出血が起こり、やがて死に至る病気です。同様に、コラーゲンを多く含む骨に対しても影響を与えます。 ビタミンCが豊富にありコラーゲンの生成が促進されれば、肌のはり、しわ、たるみの改善やお肌の老化予防にも効果的です。

3:にきびの改善、毛穴の引き締め

過剰な皮脂の分泌を抑え、にきびをできにくくします。皮脂腺の働きを抑えることで毛穴の引き締め効果もあります。

4:優れた抗酸化作用

紫外線などで生まれる活性酸素(フリーラジカル)は老化の大きなの原因の一つです。 ビタミンCの強い抗酸化力で活性酸素を除去し、多くの生理的機能と遺伝子レベルに作用し細胞の寿命を延ばし肌の老化を遅らせます。

5:抗ストレス作用

人間はストレスを感じると、これに対抗する為に、抗ストレスホルモンを作りますが、その際にはビタミンCが必要となります。

6:病気から身を守る

ビタミンCはタンパク質の合成にも必要でありまた、蛋白質からインターフェロンを作るときの協同因子として働きます。3種類のインターフェロンのなかで、ガンマインターフェロンはNK細胞(ナチュラルキラー細胞;細菌やウイルス、ガンやエイズなどで障害が出た細胞などを捕食してくれる細胞)の活性を高めるなど、免疫機能維持にも重要な働きがあります。また、ウイルスと戦う白血球の働きを強化する働きから、風邪をひきにくくなったり、風邪の回復が早まる効果もあるとされています。

7:動脈硬化の予防

血中コレステロールが増えると動脈硬化症が多くなり脳血栓、狭心症、心筋梗塞になり易くなります。ビタミンCは過剰なコレステロールを胆汁酸に変えて外部へ排出することが証明されています。

8:鉄分、カルシウムなどミネラルの吸収促進

鉄過剰の原因になることもあり、注意を要する場合もあります。

ビタミンCには、このような優れた効果があります。通常、経口による摂取では、ビタミンCのような水溶性ビタミンは、どんなに大量に摂取しても血中濃度はあまり上昇せずに尿中から排泄されてしまいますが、血管に直接投与することにより、体内に取り込まれたビタミンCはさまざまな効果を発揮してくれます。


カートに入れる:

  • メーカー: T.P DURG LABORATORIE co.ltd.

 | ホーム |