ホーム |  ログイン
 
StrongConnection.cc

Anaboic Steroids online pharmacy

GW-501516 (Cardarine) 10mg x 100tabs

9,200

GW-501516 (Cardarine) 10mg x 100tabs

GW 501516(Cardarine):脂肪減少のための究極のPPAR

GW501516(Cardarine):肥満への治療法

推奨摂取量:GW-501516 (Cardarine): 20mg/day

GW 501516(Cardarine)の主な働きは、望ましくない脂肪組織を体内から取り除くGW501516の能力であります。 この特定のPPARアゴニスト中の化合物は、脂肪細胞の分化において機能する働きがあります。 成長ホルモンと同様に、GW501516は、脂肪組織に炎症マーカーを生成し、脂肪生成に関与する遺伝子の活性を低下させる。 これは、体に脂肪鎖が形成されて脂肪として貯蔵されるのを阻止することができることを意味します。

2015年に発表されたScientific Reportsの調査によると

「GW501516は、「飢餓モード」を通過するときと同じように体脂肪をエネルギーとして排他的に使用するPPARベータ細胞に作用します。

この研究は、「PPARの生理学的および病態生理学的機能および代謝性疾患を治療するための新たな戦略を生み出した」と引用されている。 体内のこれらの特定の遺伝子の活性化は、「 肥満への治癒 」 といわれているような驚くべき速さで体脂肪を燃やすことがわかっています。

過去20年間の研究では有害な副作用は全く検出されておらず、研究中のどの時点でも筋肉が浪費されることは非常にまれです。

筋繊維への影響

Wei Chen、PhDおよび彼の大学の2015年の研究では、遅筋の筋肉繊維のPPAR遺伝子の劇的な増加が酸素の使用を増加させ、耐久性を大幅に増加させることも分かっています。 GW501516が骨格筋の耐久性および回復時間を超生理学的レベルまで高めることを示す有意な証拠を提供しました。正常な酸素供給および酸素制限を有する事が実験室マウスにおいて、耐久性の向上が認められました。

これらのラットは、高脂肪食を維持しながら体重を減らし、肥満を予防し、食習慣に関係なく体重を管理することができる可能性を示唆しています。

投与ガイドライン

• 1日あたり10-20mgが十分な用量である。 新しい化学物質に対する肉体への感受性を利用するには、1日あたり10mgから開始することが推奨されます。 1日10mgは持久力を目的としており、投与量が多いほど脂肪の損失の便益は大きくなる

• 研究用マウスには、運動の45分〜1時間前に投薬量を与えて結果を出してきました。

• GW501516は2年間の試験で試験されており、影響の減少または停滞は見られませんでした。 ほとんどの人は、4〜6週間の休薬期間を取って一度に12〜14週間サイクルを実行します。 これは通常SARMサイクルと一致するが、GW 501516がそのような短い時間の後にオフサイクリングされる必要があることを示す証拠はない。 GW501516はLONG TERMの使用のために作成されたので、そのように使用すべきではありません。

• 半減期は16〜24時間であり、1日1回10mg、より高い用量で10〜12時間に1回10mg投与するべきである。

• PCTは必要ありませんが、内因性ホルモンへ対して毒性の強い同化作用薬が使用されている場合は、PCTと併用することをお勧めします。

• ケトン生成食事内容と一緒に使用することを強く推奨します。

• 無害な反応なしにあらゆる種類の栄養素や覚醒効果剤と併用することができます。

GW 501516のしくみ

GW501516は、グルコース摂取および骨格筋組織を刺激する。 それは、脂肪酸の酸化を刺激することによって脂肪を燃やします。 急速に脂肪を溶かす能力があるため、肥満の治療法として提案されています。 また、現在のフェーズ?試験では、CardarineはHDLを平均79%(良いコレステロール)、LDL(悪いコレステロール)を増加させると言われています。 GW501516はPPARδアゴニストである。 これらは、コレステロールトランスポーターABCA1の発現増強からHDLレベルを上昇させるのに役立ちます。

GW 501516の副作用

過去20年間に、この薬を研究している人は何の副作用も見られていませんでした 。

GW501516は健康な被験者だけでなく、実際の習慣(アルコール飲料、覚せい剤や麻薬、たばこ製品の使用など)をシミュレートしたものでもテストされています。 長期的な影響があるかどうかは不明であるが、他に記載された研究では発表されていない。

この為、この製剤は非常に人気があり、長期間使用可能にするものです。 特定の研究では、糖尿病、肥満、異脂肪血症および他の多くの疾患の逆転を示す兆候さえあります。

GW 501516と肝臓の損傷

普遍的な信念とは対照的に、GW501516は肝臓細胞の損傷を促進しません。 この化学物質は、 健康な肝機能を促進し、皮膚および筋肉組織に対するより速い治癒特性を促進することが実際に知られている 。 本質的に、あなたはXマンの映画のウルヴァリンのように急速に癒されることはありませんが、傷、水疱、および負傷した筋肉からの回復時間を大幅に短縮します。

GW 501516と癌

GW501516の懸念事項とそれが癌や腫瘍の発生との関係を示す多くのフォーラムコメントがあります。 この論争の仮説は、非常に高い速度で体内の血管新生を改善するGWの能力と実験室マウスの結腸における癌増殖の割合に起因する。 血管新生とは、身体全体に細胞を供給するために血液供給を増加させる能力を指すものです。

これは、持久力のアスリートと青年期の子どもの間でよく見られることです。 科学者は、体内に腫瘍細胞が活性化していれば、血管新生に特に敏感であり、腫瘍がより速い速度で増殖すると推測している 。 2004年以来、この仮説を証明するために多くの実験が行われてきたが、これまではすべてがほとんど成功しなかった。

2004年に米国癌学会によって発表された研究によると、PPARアゴニストは、 「結腸直腸癌細胞の増殖に影響を与えないことが示されている」および「正常な培養条件下では、PPAR活性化は細胞増殖に影響を及ぼさない」。

この研究は、1日400mgの量を与えられたラットで行われ、虐待され、何百週間もかけて駆除された。 時間と時間をもう一度この研究は否定され、深刻な欠陥があり、不正確であることが示されています。

ヒト乳癌および結腸癌細胞で実施された2008年の実験では、PPARアゴニストGW 501516が安全に使用できるだけでなく、 癌細胞増殖を阻害することが証明されています。 国立衛生研究所は、GW 501516がヒト細胞の多数の癌を抑制することを合理的な疑いなく確認しています。

ヒトPPARベータ(GWの主な標的)に関する研究の10年以上にわたり、長期間(最大2年間)癌細胞の減少が証明されています。 これらの以前のがん発がんの疑惑の混乱は、1996年に公表された結果に由来し、新しい臨床研究のために放棄されて以来長い間です。 この化合物は、何年もの間、ヒトPPARに投与されており、癌治療、肝機能および代謝効率に関してのみ陽性結果を提供している。

これまでに行われたすべての人間研究では、GWを実行している間は目に見える副作用はまったくありませんでした。

詳細については、GW 501516に関するいくつかの調査とリソースをご覧ください:

• http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22814748
• http://diabetes.diabetesjournals.org/content/57/2/332.long
• http://atvb.ahajournals.org/content/27/2/359.long
スタッキングGW 501516

スタッキングとは、他の化合物と組み合わせて摂取を実行することを意味します。 カーダリンが目立つのは、ほとんどのもの(カッティング、バルク、またはリコンパイル)で使用できることです。

• バルクアップ - あなたをクリーンアップし、サイズを付ける事に繋がります。
• カッティング - 筋肉量を保持しながら体重減少に繋がるなる事を指します。
• リコンパイル – 体脂肪を失いつつ、筋量の増量、肥大を目指すことを指します。

GW501516(Cardarine)を使用する最も一般的な方法は、 LGD 4033とMK 2866を含む3種類のスタックです 。 あなたは3つすべてを取ることによって、すべての利益、持久力、脂肪の損失とサイズの利益を得るでしょう。


カートに入れる:

  • メーカー: EVOLIX

 | ホーム |