ホーム |  ログイン
 
StrongConnection.cc

Anaboic Steroids online pharmacy

Aziderm-20% (Azelaic Acid Gel 20% 15g)

1,150

アゼライク酸・アゼライン酸

ステロイドと脱毛

DHTを阻害する事こそが、あなたの頭皮への役立つ道だとおわかりだと思います、 その為にアゼライン酸( Aziderm-20%)とミノキシジル(ツゲイン)でアナボリックステロイドからの脱毛を阻害することができます。

概要

アゼライク酸・アゼライン酸は、穀物や酵母といった天然成分の飽和ジカルボン酸の一種であり、一般的にはニキビ治療薬に含まれる成分ですが、近年では育毛剤にも使用されています。 1998年の臨床試験では抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンの生成に関わる5αリダクターゼという酵素の働きを、約90%抑えるというデータが出ています。 この5αリダクターゼはI型とII型に分かれますが、アゼライク酸・アゼライン酸は主にI型5αリダクターゼの働きを抑えます。 I型5αリダクターゼは脂性の方や、ニキビなどが多い方を指し、毛根に脂が溜まりやすいタイプの脱毛症と呼ばれています。

アゼライン酸は海外でニキビ治療薬として昔から使われている成分です。

当初アゼライン酸はメラニンの生成を抑える効果から、美白目的の塗り薬として開発が始まりましたが、その臨床試験中に偶然にも美白とともにニキビへの効果が認められました。

以来、世界80カ国でニキビ用医薬品として承認され約30年間皮膚科などで使用されています。

ニキビに対するアゼラインの特徴

〇毛穴の詰まりを取り除く

面ぽうの原因となる毛穴の詰まりを解消し、ニキビを予防し進行を抑えます。

〇皮脂の分泌を抑える

皮脂の分泌を抑えることで、ニキビを予防し悪化を防ぎます。

〇アクネ菌に対する抗菌作用

アクネ菌を殺菌することで、赤ニキビを改善します。

〇抗酸化作用

酸化を抑制することで、活性酸素を抑え、炎症の悪化を抑えたり、皮脂の酸化を抑制し、ニキビの予防、悪化の防止の効果があります。

〇美白作用

メラニンの生成を抑えることで美白の作用もあります。
ニキビ跡の色素沈着にも効果があります。

〇こんな方にお勧めです

妊娠中の方、妊娠希望の方、授乳中の方
ディフェリンゲルやBPO製剤の刺激が強い方
他の外用薬でアレルギーがある方
ニキビ跡の色素沈着が気になる方

☆アゼライン酸は、ディフェリンやBPO製剤(ベピオ、デュアック)の使えない妊婦中や授乳中の方にもお使いいただけます。

☆また、ディフェリンゲルなどに比べ皮膚への刺激が少ないことから、刺激に耐えられない患者様にもお勧めです。

〇ご使用手順
よくあるご質問

〇使い始めの頃に刺激感があるのですが。

アゼライン酸は、小麦やライ麦などの穀類や酵母に含まれている成分で、日常的に食事などで口にしている天然物由来の酸です。 天然物由来の酸ということもあり、外用したときに部分的な「熱感」「かゆみ」などのごく短時間の刺激症状が見られることがあります。            刺激が強い場合には、使用回数や使用量を減らすことで、お肌に慣らしながらその後も使用し続けることができます。

〇しばらくしても「熱感」「かゆみ」が続くのですが大丈夫ですか?

通常1〜2週間で慣れてきます。必要に応じて夜だけの使用や1日おきの使用など塗る間隔をあけてお使い下さい。それでも症状が治まらない場合は、ご相談下さい。

〇1本で何日ぐらい使えますか?

朝晩2回、1回パール粒大(直径1cm)の使用で1ヶ月お使い頂けます。

脱毛予防への作用について

アゼライク酸・アゼライン酸は、頭皮内部のジヒドロテストステロンを減少させI型5αリダクターゼを抑制する作用を持ち、抜け毛の進行を抑える働きをします。この成分単体では抜け毛予防やニキビ治療としての効果はありますが、臨床試験からも発毛としての効果までは得られていませんので、I型5αリダクターゼを抑制する成分を併用することによって、脱毛予防をしながら育毛・発毛の相乗効果を得られるという声もあります。

用法

朝と夕の1日2回、患部へ塗擦する。

副作用

アゼライク酸・アゼライン酸の使用による副作用の報告はさほど多くないですが、この成分を含む製品で肌に塗布するタイプのものを使用した際には、塗った部分が発熱する感覚があったり、赤みを帯びたり、皮膚炎などを引き起こす場合が考えられます。そういった症状がある場合には体質と合っていないと思われますので、使用を中断されることをお勧めします。

注意事項

色素細胞には影響しないとされていますが、稀に塗布するタイプの商品において肌の脱色作用があると言われています。重篤な注意はありませんが、体質によっては副作用が悪化する場合も考えられますので、アゼライク酸・アゼライン酸を含む商品を使用中に違和感が続く場合には、すぐに使用を中断して医師などに相談されることをお勧めします。


カートに入れる:

 | ホーム |