ホーム |  ログイン
 
StrongConnection.cc

Anaboic Steroids online pharmacy

HCG Eutrig-HP 5000iu x 1 sterile water ampule set

2,875

HCG Eutrig-HP 5000iu (HCG) x 1 sterile water ampule SET

ヒト絨毛性ゴナドトロピン(Human chorionic gonadotropin, hCG)ヒト胎盤性・性腺刺激ホルモン は医療現場では排卵誘発剤として女性に用いられ、妊婦の尿の中にこのホルモンが存在しています。

白いパウダー状のホルモンを凍結乾燥させたHCGと、無菌の蒸留水のアンプルに分かれていますので使用の前に2つを混ぜたらすぐに活性化します。活性化した後は2-8℃の冷蔵庫内の低温で保存する必要があり摂取方法は皮下注射となります。

hCGは様々な蛋白同化ステロイド(Anabolic Androgenic Steroid, AAS)サイクルと組み合わされて使用します。
天然のテストステロンに擬態した高レベルのAASは脳下垂体へその性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)の産生に対して自然に負のフィードバックが作動して自らのテストステロンをHPTA(視床下部下垂体甲状腺軸)を通してシャットダウンするよう働きかけます。
GnRHがないと下垂体は黄体形成ホルモン(LH)の分泌を停止される。LHは通常、下垂体から血流に乗って精巣へ行きテストステロンの産生と分泌の引き金を引く。LHがないと、精巣はそのテストステロン産生をシャットダウンし、精巣は萎縮する。男性ではhCGはLHに擬態して精巣内のテストステロンの回復・保持を補助する。そのため、hCGは通常、ステロイドサイクル中や後に精巣のサイズ、そして自身のテストステロン産生を保持・回復するために使用されるのです。

サイクル中のHCG摂取方法

*アンチエイジング目的でテストステロンを外部より注射する人向けにDr,John Crislerさんが提案している  HCGプロトコルはサイクル中はHCGを250-500IUを筋肉注射で3日に一度注射するという方法です。

*ANABOLICSの著者Williamさん は、サイクル中は1週間に2度(3,4日目)に500IUずつHCGを注射するよう提案しています。

*ANABOLIC STEROIDS ULTIMATE RESEARCH GUIDEには500-1000IU/週 もしくは2週間での摂取と書かれています。

PCTでの使用方法例
HCG 500IU x 20日間, クロミッド100mgx30日, ノルバ 20mgx45日


他にも
HCG2500IU x 2日に一度x8回+クロミッド100?(朝一錠、夕方一錠)x30日+ノルバ20?x45日という方法もあります。

-------------------------------------------------- HCGを使ったダイエット

HCG ダイエットは、非常に低カロリーな食事と妊娠ホルモンであるヒト絨毛性ゴナドトロピン (HCG) の投与とを組み合わせた減量方法です。,

イギリスの内分泌学者、アルバート T. W. シメオンス (Albert T. W. Simeons) が 1950 年代に開発した方法ですが、近年、流行のダイエットとして人気が再浮上しています。
視床下部の再プログラミングと代謝のリセットにより、筋肉を落とさずに脂肪減少を促進することができると言われています。

HCGは妊娠する時に上昇するホルモンです。少量のHCGを投与することで,実際には妊娠していないにもかかわらず、妊娠しているという指令を与えます。

一日500-900カロリーの高タンパク質の食事しか摂っていないので、このままでは赤ちゃんに栄養が供給できないと判断して、貯蔵している脂肪を効率的にエネルギーに変えるよう代謝を変更します。
しかし実際には赤ちゃんはいないので、脂肪由来のエネルギーが体内にあふれることになり体内にはエネルギーが溢れていますのでお腹が空くことはありません。

HCGは国内では無排卵症、卵巣機能低下症、男性不妊の治療として用いられています。
しかも実際に使用する量はそれらの疾患に使う量の1/3〜1/10と非常に少量ですので、安全に使用できます。
HCGは男性更年期治療にも用いられる薬剤ですので、男性にも勿論安心して使っていただけます。

利点

1 日のカロリー摂取が非常に低い (500–900Kcal) ため、1 日あたり 0.45 kg 以上の体重を減らすことができます。このダイエットの提唱者によれば、HCG は空腹感とそれに伴う苦痛を軽減し、脂肪のつき方を好ましいものに変化させます。

仕組み

基本的な HCG ダイエットは、500-900 キロカロリー、高タンパク、低炭水化物、低脂肪のプランで、1 日に 125-250IUのHCG 注射を併用します。

HCG ダイエットは 4 つの段階に分かれています。

第一段階  まず最初の 2 日間 (“詰め込み期間”) は好きな物を好きなだけ食べます。

第 2 段階  (3日目より)500-900 キロカロリーの食事を取り、水をたっぷり飲みます。HCGの注射を開始し、減量目標の体重に応じて20日から最長 40 日間続けます。

HCG の最終投与日の後、3 日間はこの食事を続けます。

次のガイドラインを参考にしてください。

• HCG は毎日同じ時間に投与します。
• 朝食はコーヒーか紅茶です。砂糖の代用品および 牛乳は入れても構いません。
• 昼食と夕食には、脂肪分の少ないタンパク質 100 g 、野菜 1 種類、ラスク 1 枚、および果物 (グレープフルーツ半個など) を取ります。
• タンパク質の摂取は、脂身が非常に少ない牛肉、脂身と皮と骨を取り除いた鶏肉、白身魚、ロブスター、カニ、またはエビなどで行います。
• 食べてもよい野菜は、レタス、ホウレンソウ、ビーツの葉、フダンソウ、キャベツ、タマネギ、トマト、ウイキョウ、キュウリ、ラディッシュ、セロリ、アスパラガスです。
• 食べてもよい果物は、リンゴ、ブルーベリー、ブラックベリー、イチゴ、レモンです。
• 調理油、サラダ油、脂肪分や糖分の多いドレッシングは禁止です。
• ハーブ、香辛料、糖分の少ないソース、マスタード、ニンニク、リンゴ酢、ハーブティー、シュガーレスのガムは摂取しても構いません。

第 3 段階  2–3 週間かけて、1 日あたり 1,500 キロカロリー以下を摂取します。乳製品、卵、アボカドなどの健康的な脂肪分に加えて、タンパク質約 80 g を取ります。

第 4 段階  体重が安定したところで、1 日 1 本のチョコレートバー、夕食時にパンなど、糖分やでんぷん質を含む食事にゆっくりと戻していきます。


カートに入れる:

 | ホーム |